2011年2月アーカイブ

2月23日(水)午後1時30分から大潟商工会館2階で講習会を開催しました。

講師は、販売促進コンサルタントの竹谷知江子先生。鵜の浜の旅館・ホテル・料理店・小売店の従業員

の皆さん41名が参加され真剣に受講されていました。

竹谷知江子先生

「感動の接客とうれしいお客様対応」というテーマの講習でしたが、お客様に感動を与えるとリピート率は

格段に向上するようです。厳しい時代だからこそ接客が大事であることが分かり、非常に良い講習会でした。

接客セミナー

接客講習会

2月19日午後2時半から犀潟のかねたまいちで総会が開催されました。

現在の組合員は62名となり減少しております。

組合の主な事業は、技能競技大会の助成、大潟かっぱまつりの「木工教室の開催」、防災パトロール、

建築国保の運営等を行っています。

総会では、提案された議案がすべて可決承認されました。

また、本年は役員改選が行われ、三役はすべて留任され、新年度がスタートしました。

大潟建築組合総会

1月28日(金)午後7時からユートピアくびき希望館において、平成27年春に開業予定の「北陸新幹線」に向けて

地域フォーラムが開催されました。

最初に、竹田上越市総合政策部長より、「上越市における取組報告」があり、上越市の行動計画の説明がありました。

竹田上越市総合政策部長

続いて、「新幹線開業に向けた地域の魅力創出への取組」について、パネルディスカッションが開かれました。

パネリストは、大潟経営者クラブ会長 藤井政和氏、大潟商工会副会長 近藤誠一氏、財団法人雪だるま財団

事務局長 小林美佐江氏の3名。

パネリスト

それぞれの立場で北陸新幹線開業がもたらすチャンスについて話されました。

全国に情報発信をして上越市の魅力を伝え、交流人口が拡大し地域が発展することを期待します。