小規模企業共済法の一部を改正する法律のお知らせ

平成23年1月1日から個人事業者の共同経営者(家族専従者等)が小規模企業共済に加入できること

となり、加入条件として「共同経営者契約書」の確認が必要となります。 

共同経営者とは、個人事業の経営に携わる方で、一定の要件を満たせば、個人事業主の配偶者や後

継者、 親族以外の方も加入することができます。

ただし、加入できる共同経営者は一事業主につき「2名」までとなります。 

参考URL 独立行政法人 中小企業基盤整備機構 

詳しいことは、商工会にお問い合わせ下さい。

お問い合せはこちら
TEL:025-534-3211